ロフトベッド愛用者がおすすめするパイプベッド。階段タイプ

スポンサーリンク

おすすめロフトベッド(パイプ階段タイプ)

階段付きロフトベッド

オススメ 階段式なのに高さ調節ができるロフトベッド。 他と比べて価格も安い!

◆ベッド下高さ:ハイタイプ 130cm
◆ミドルタイプ 78.5cm
◆対応マットレス 幅97×長さ196cmまで
価格:税込29,780円~(+送料4,990円) 

不思議なのは、機能もデザインもほぼ同じなのに、価格がもっと高いベッドがあること。高い方が適正価格なのかな?

だったら、このベッドは相当お買い得だよ!!

<参考> 価格:税込47,800円 ~
(+送料5,000円) 


階段付きロフトベッド

楽天ランキングで上位にあった階段式のロフトベッド。 この上の商品【Schmitt】とデザインは似ているものの、こちらの高さは変わらない。高さが変わるほうがいいなら【Schmitt】 の方がいい。価格もあまり変わらないし。

◆ベッド下高さ 130cm
◆対応マットレスサイズ 幅97.5×長さ194cmまで
価格:税込32,800円~ 送料無料

シングルベッドになる階段式ロフトベッド

【Asta Loft】の階段タイプ。 ハイタイプから低いシングルベッドになる。

◆ベッド下高さ 140cm
◆対応マットレスサイズ 幅 101×長さ195cmまで
価格:税込42,900円~ 送料無料


USBが使える階段式ロフトベッド

よくあるタイプではあるが、他と違うのは枕元でUSBが使えること。

◆ベッド下高さ 130cm
◆対応マットレスサイズ 幅 97.5×長さ195cmまで
価格:税込35,990円~ 送料無料

楽天ランキングやAmazonをまとめて見る

【ベッド専門店neruco】
売上ランキング1位から5位までを紹介!

【LOWYA】大人でも使えるロフトベッド
おすすめ8選!

また良いものを見つけたら付け足すね

おすすめ
ロフトベッドのメリットは?
ロフトベッドのメリットは?
愛用中の娘2人のお気に入りポイント
おすすめ
ロフトベッドのデメリットは?
ロフトベッドのデメリットは?
うっかり買うと後悔する大物家具
ロフトベッド、どんな高さを選ぶ?
ロフトベッド、どんな高さを選ぶ?
ハイタイプ・ミドルタイプのメリット・デメリット
ロフトベッドおすすめ。その1
ロフトベッドおすすめ。その1
パイプベッド(はしごタイプ)から厳選
ロフトベッドおすすめ。その2
ロフトベッドおすすめ。その2
パイプベッド(階段タイプ)から厳選!
ロフトベッドおすすめ。その3
ロフトベッドおすすめ。その3
パイプ+木製混合タイプから厳選!
ロフトベッドおすすめ。その4
ロフトベッドおすすめ。その4
木製ベッド(はしごタイプ)から厳選!
ロフトベッドおすすめ。その5
ロフトベッドおすすめ。その5
木製ベッド(階段タイプ)から厳選!

同じカテゴリをもっと読む

スポンサーリンク
女子部屋
うわわのわ

コメント