UR賃貸住宅で満足!ひたすら褒めます。デメリットは他でどうぞ

UR賃貸住宅に住んで約2年。やっぱりここにして良かったなぁと思っている。
家族構成が変わったり、どこかに移り住むことになっても、やっぱりUR賃貸住宅を選ぶと思う。

スポンサーリンク

満足 1 条件が明確で理解しやすい

UR賃貸住宅の場合

キッチリと条件が表示されている。礼金ナシ、仲介手数料ナシ、更新料ナシ、保証人ナシ
火災保険料ナシ、鍵交換費用ナシ、クリーニング費用ナシ(火災保険は任意加入)
入居時に必要なのは敷金と日割りの家賃だけ

収入に関しての条件

申込者本人の平均月収額が基準月収額以上ある方、と明確。
基準を満たさなくても各種条件を満たせば入居できる可能性があり、その場で判断をしてもらえる。
不安なまま審査を待つことがないのは本当に嬉しい。

一般の賃貸住宅

物件によって、あるいは不動産屋によって条件が複雑で理解しにくい。
以前、「礼金0 敷金O」という物件で喜んで契約したら、結構な額の「入居時クリーニング代」を払わされたことがある。
また、保証人不要という物件で探していた時に見た物件は、どう考えても敷金・礼金等の初期費用が高めだった。
そんなワケで、不動産屋は「見かけの好条件」で人を呼び込んでいるのではないかという不信感はずっとある。

私の場合、一人暮らしの娘のアパートや、 自分たちの家のために、5年間に5回も物件選びをした。
そのたびに審査が通るかどうかでドキドキし、契約時は出費額にガックリ。
間取りを見たり、物件を選んでいる時のワクワクから、一気にテンションが下がる。
UR賃貸住宅は、不動産屋で生じる不快感が無かったばかりか、フリーレントのお得情報を電話で教えてもらえた。

1か月分の家賃が安くなる?

UR賃貸住宅の担当者からの電話はこんな内容。
私が決めようとしている部屋は、しばらくするとフリーレント対象物件になる。これは1か月分の家賃がタダになるというもの。フリーレントの権利を得るには、 契約・入居時期を1週間ほど遅らせたほうがいい。
ただ、その1週間の間に、他のお客様に契約をされてしまう恐れもある。
せっかくの情報なのでお知らせしたが、リスクがあるので、判断はお任せします、という話。

う~ん・・・・と電話口でうなった。1週間待っていて、希望の部屋を他の人に取られてしまうのは嫌だ。でも1か月の家賃って大きいよ!?
しばらくウンウン唸った後「待ちます!」と、つい大きな声で言ってしまった。
担当者はおかしそうに笑って「そのお部屋が他に回らないよう私も祈っています」と言ってくれた。

結果、ちゃんとその部屋は残っていてくれた。1か月分の家賃が安くなって本当にラッキー。内覧の時も契約の時も、応対してくれる人の印象が良かったのがUR賃貸住宅だった。

満足 2 初期費用が安い

初期費用が安いということは、どれだけお得なのか、例として家賃15万円として計算してみた。
5年で退去したとして、70万円も安い!(おおまかな相場金額)

礼金ナシ

一般の賃貸住宅の場合、礼金として家賃の1~2か月分を支払わねばならない。これは敷金と違って返ってこないお金。これが無いなんて素晴らしい!

仲介手数料ナシ

UR賃貸は大家であるUR賃貸住宅と直接契約を結ぶ、というカタチ。なので仲介のための手数料が発生しない。不動産屋が1か月分の家賃を手数料として取るのは仕方がないと思っていたが、UR賃貸住宅だと、それすら払わなくてもいいとは!!

更新料ナシ

私は「更新料」のかかる時期の前になると「引っ越すなら今だ!」と考えるぐらい更新時期が嫌だ。お金が無くなるのも嫌だが、保証人にハンコをもらいに行き、その書類を持って不動産屋に行く、それが面倒だった。

不動産屋で長々と契約に関するあれこれを読み上げられて、なぜかこっちも読み上げねばならない。
契約時ならともかく、なんで更新時にもこんなことするんだよ!とイライラするばかりだった。(この不動産屋が特殊だったのだろう)
憂鬱でしかない「更新」が無いなんて神!なのである。

保証人ナシ

数年前に前述の保証人は定年になってしまい、他に保証人の当てが無くなってしまった。電車で1時間以上かかる場所に住んでいる弟に頼むのも気が引けるし面倒。

なので保証会社を使うしかなかった。保証会社を使うと余分にお金がかかるし、審査も厳しいと聞く。あっちこっちの審査でびびっていた身にとっては、保証人ナシは本当に嬉しい。

満足 3 敷金引継ぎ+明確な清算方法

UR賃貸住宅からUR賃貸住宅へと住み替えをする場合、預けている敷金から退去時負担金を差し引いた金額の敷金を新居に引き継げる。書類に関連する手続きの一部も省略できる。
退去時の原状回復についても、借り主が負担する内容が具体的に示されているので安心。

ウチは結婚した頃に住んでいたマンションを退去する時、見に来た不動産屋にあーだこーだ言われて、敷金が返って来ないだけでなく、さらに追加料金を取られたことがあった。
敷金だけでも30万あったのに、それでも足りないって!?
不信感しか残らず、それ以来、退去する時は敷金の戻りを期待しなくなってしまった。

なのに敷金の期待が出来るだけでなく、次に引っ越す時に引き継げるなんて!
他の土地に行く時もUR賃貸住宅にします!って思っちゃう。

満足 4 敷地面積が広い

ゆったりした敷地は緑が多く、親子で遊べる公園のような場所もあれば、近所の野球少年がキャッチボールをしたり出来る広場もある。車道から遠いので、子どもたちが遊んでいても安心。

私が以前勤務していたところは高級住宅地で坂が多く、道路でキャッチボールをしている子どもたちは、外したボールが坂の下まで転がってしまうのを追いかけるしかなかった。
神社の境内のゴツゴツした石の上でサッカーをしている子たちも狭くて不自由そうだった。
そういう環境に比べれば、広々して安全。子育てには良い環境だと思う。

満足 5 Pontaポイントがたまる

毎日、出勤時にローソンで昼食を買っている身としては、これが助かる。
月々の家賃は額が大きいので、貯まるポイントが大きい。
1年以上使わないでおいたポイントが5千円を超えたので、ここ数日、ポイントで昼食代を支払っている。
一番身近に感じる嬉しい特典かも。

エレベーターで一緒になっても、駐車場ですれ違っても、どこで会っても感じがいい住民といい、こんなに「嫌なこと」の少ない住居は初めて。
デメリットも探せばあるだろうし、同じUR賃貸住宅でもいろいろあるだろうが、私は今のところ満足している、ということで一旦終了~

おすすめ
難航した家探し。UR賃貸住宅に!
難航した家探し。UR賃貸住宅に!
ようやく入居できる家にたどり着いた。
UR賃貸住宅と公営住宅の違い
UR賃貸住宅と公営住宅の違い
まぎらわしいが違う住宅なのでご注意!
UR賃貸住宅で満足しています
UR賃貸住宅で満足しています
ひたすら褒めます。デメリットは?

同じカテゴリをもっと読む

スポンサーリンク
住まい
うわわのわ

コメント