自宅で温泉!?効果を信じられない石入り陶器椅子を足でどけつつ今日も風呂に浸かる。

今回は毒舌が炸裂してしまうかも。

私は毎晩風呂に入る時間が遅い。次女がアルバイトから帰るのが遅いので、その次女が出た後に入る私は毎晩深夜になってしまう。 なるべく大きな音を立てないよう気をつけているが、集合住宅なので、下の階や隣に迷惑かけていないかと気がかり。
たまに待ちきれなくて先に入るものの、カビが生えたりしないよう風呂場全体を軽く掃除するので、本当は自分が最後の方がいい。せっかく着替えたパジャマに水がかかってしまうのもイヤだし。
次女も、自分が最後の時は水をかけて掃除をしてくれるのだが、できれば私が掃除をしたいのだ。

最後の風呂掃除の時にいつも頭を悩ませるのが、陶器椅子の存在。
浴槽の中にいつも入れてあり、それを椅子代わりに使って入浴するのだ。(私はそれに座っていないが)

これには孔がたくさん空いていて、お湯が陶器の中を通ると、中に入っている有難い石がそのお湯に作用して、ラドン温泉だか何だかと同じような成分になる。つまり「自宅で温泉」を楽しめるというモノ。
この孔の中から汚い垢が出てくるので、義母は「最後に入浴した人は、お湯の中で振って中の汚れを出してね」と言う。

お湯の中で振るのなら、まだ音はそんなに大きくない。
でもお湯を抜いてしまった後に振るとけたたましい音がする。
陶器の中に入っている硬い石を揺り動かすのだから、ありえないぐらいの音が出る。
なので、陶器椅子を移動する際にも音がしないよう気を遣う。

お湯を抜かず、自分がお湯に浸かった状態で振るにしても困ったことになる。
孔から汚れが出てきたとして、その汚れと一緒に浴槽に浸かっているのは気持ちが悪い。
浴槽から自分は出て、身を乗り出して陶器椅子を湯船の中で振ってみる。
すると腰にくる。深夜に腰を痛めながらやる作業じゃないなと思う。

なので通常は、浴槽のお湯を抜いた後に、シャワーの水を勢いよく四方八方から当てている。
中身の石を取り出して、陶器の内側を洗えるわけでもない。実はものすごく汚いものを浴槽に沈めているのではないかと思うと気分は良くない。

これ、義母の話だと50万円もしたらしい。

聞いたときは泣きたくなった。
家のお金が足りなくて、仕事を探して働きに出たばかりの頃だった。
そんなものに50万!!!ラドン温泉だか何だかの効果があると言われてホイホイ買う余裕があるなら、そのお金、私にくれ!!

なので、義母と同居することになった時、この陶器椅子がやってくるのかと憂鬱になった。
私にとっては見るだけでも暗い気持ちになる嫌なモノ。
でも義母にとっては大事な椅子。お風呂場で亡くなった義父は、この椅子に座っていたおかげで水を飲まずに済んだ、と力説する。

「ありがたい」と思えるものに大金を払う心理。
老人には特に多いのかもしれないが、健康食品にさんざん大金つぎ込んだ後の、この散財。
貯めたお金をどう使うかは個人の勝手だけれど、毎晩入浴のたびに陶器椅子を足でどけながらイライラ。
最後の掃除の時にまたイライラ。
あぁ。私の心が狭いのかなぁ。

ちなみにこの類のものは国民生活センターで効果を否定してくれている。
ウチのがどうかは知らないが。

風呂に入れるだけで「ラドン(ラジウム)温泉になる」とうたって販売されている商品は、
温泉の定義から外れるもので、使用した風呂水のラドン・ラジウム濃度も温泉法の基準に
は大きく及ばないものである

独立行政法人国民生活センター 報道発表資料
http://www.kokusen.go.jp/pdf/n-20100421_1.pdf

ショップチャンネル