妊婦が痔瘻(痔ろう)に?妊娠中の膿み抜き、出産、手術、再発、完治

何年も前、次女を妊娠中に肛門周囲膿瘍になり、出産を経て痔ろうに発展。
良い医師との出会いで乗り越えることが出来ました。今は再発することなく過ごせています。

スポンサーリンク

出産まで1カ月なのに肛門周囲膿瘍に!

お尻が腫れてズキズキ痛い!

次女を妊娠中、しかも予定日まで1ヶ月という時期、お尻の一箇所がズキズキ痛むようになった。
次の日には手でさわって驚くぐらいに腫れて、さらに痛むようになった。
場所が場所なだけに、どうしていいかわからない。
その頃、重度の貧血だった私は、毎日貧血改善の注射を打ちに産婦人科に通っていた。
その産婦人科の先生に診てもらおうか…。

決心して病院に行ったら、その日は出産ラッシュ。主治医の先生は1階の診察室と2階の分娩室を行ったりきたりで猛烈に忙しい様子。
注射をしてくれた看護師さんに話したら「先生が2階から降りてきたら聞いてあげるわよ。待っていられる?」とのこと。
恥ずかしさと遠慮が私の心を占領した。「いえ、また明日来ます。」

痔なのだろうかと思い、情報を集めた。
痔なら、患部を温めるといいらしい。
座浴をしたり、もみほぐそうと試みたりした。でも痛い。猛烈に痛くて眠ることも出来ない。
8月の熱帯夜。のたうち回った。

翌日また貧血注射のために病院へ。
看護師さんが話してくれていたらしく、お尻を先生が診てくれることになった。

先生がうなった。
「これは、膿みだなあ。のう腫が出来ているよ。切開するしかないかなあ。」

でも専門ではないからなのか、戸惑っているようだった。
冷湿布をしてもらい、その日は帰った。

お尻に膿がたまってる!

不安がつのる。出産に悪い影響は出ないのだろうか。
また調べてみた。「肛門周囲膿瘍」という病気らしいというのがわかった。
早く膿みを出さないと「痔ろう」という怖い病気に発展するらしい。

その夜は痛みに加えて、その不安で、またもや眠れなかった。
ダンナが何度も起き出してはタオルを冷やして持ってきてくれた。
私はものすごい痛みに耐えながら横になっているしかなかった。

翌日、また病院へ。先生が腫れの様子を見て
「早く膿みを出さないと 痔ろう になっちゃうなあ」とつぶやいた。
でも、肛門科のある病院にかかるようには言わなかった。
妊娠中、しかも出産間近なので、先生も慎重なのだろうか。
明日、注射で膿みを取ってみると言い、また冷湿布だけ。
専門外なのに、こんなことにつき合わせてしまって申し訳ない。
その夜は下痢にもなり、踏んだり蹴ったり。

そのまた翌日。
先生が忙しかったため、貧血注射だけで帰宅。
早く膿みをとらないと痔ろうになる、という言葉が、頭の中を駆け巡る。
あせりと不安と痛みでたまらなく辛い。泣けてくる。

痛みをしのぐには名づけしかない!

落ち着かない。
長いこと決められずにいたお腹の子の名前を、今日こそ決めてしまおう!

姓名判断の本を片手に寝転がった。(座ることは不可能なほど、患部が痛むので)ダンナに決めてもらうハズだったが、熱中できるのはそれしか思いつかない。
女の子なのはわかっていたので、完全なる独断でとうとう決めた。

どうしても、名前で呼びかけたかったのだ。膿みを出す時に、一緒に痛みと闘う仲間・・・・・。

膿みの抜き取り、そして出産

産婦人科で膿の抜き取り

翌日病院へ。患者さんがみんないなくなる夕方まで待つ。
まず、先生が太い注射針で膿みの抜き取りを試みてくれた。
しかし、そんなんでは全くダメだということになり、メスで切開。

麻酔をしたかどうかは覚えていない。
こん身の力を込めてお尻を左右から押し、切開部分から膿みを出してくれた。
なまぬるい液体が流れ出るのがわかる。
もう、痛いのなんの。でも必死で歯を食いしばって耐えた。

産婦人科なので内診の時のスタイル。恥ずかしさは通り越してどうにでもなれ、の境地。
名付けたばかりのお腹の中の子に、この苦しさが伝わってしまわないようにと、そればかり思っていた。
お産さえ終われば、改めて肛門科で診てもらうことも出来るから、
とにかく今は、無事出産にこぎつけるようにさえしてくれれば。

無事出産!子供も元気

その後毎日、休日も、先生は切開後の手当てをしてくれた。
専門外の産婦人科医なのに、よくやってくれたと思う。心から感謝している。
出産時、ヘンな菌が赤ちゃんにくっついたりしないだろうかと心配したが、無事に出産は終えた。

出産して2ヶ月たった頃、またお尻が痛み出した。
腫れは無いが、妙なしこりがある。切開痕の痛みとは違う。
これは痔ろう になってしまったか?と思ったものの、
強烈な恐怖と恥ずかしさで、肛門科のある医院に行けない。
かといって、また産婦人科に行くわけにもいかない。
そのまま日にちだけが過ぎた。

痔ろうになってしまっていた

とうとう肛門科デビュー

不安なまま数週間たった頃、太ももに変な湿疹が出来た。
素人判断でどうの出来るようなシロモノに見えなかったので、
近所の皮膚科に行ったら、そこのおじいちゃん先生が首をかしげている。
「なんだろうなあ、じんましんではなさそうだけれど…。」
専門家にもわからないのか?と気味が悪くなり、
「お尻の膿みが関係あるのかなあ」とつい口に出して言ってしまったら、
先生がすぐに反応した。
なんせそこは皮膚科と肛門科のある個人医院、その先生は肛門の専門家だったのだ。   

なに?お尻の膿み?
ちょっと診察室を移動してもらっていい? 診てみないと」と先生。

ああ、肛門科と皮膚科がある病院でよかったーと、心底思いながら移動。
肛門科では、こういうスタイルで診察を受けるのね..!と思っているうちに
先生が叫んだ。
「ありゃりゃー!こりゃあ切らないとー。痔ろう になっちゃってるよー!」

いよいよ痔ろうの手術

先生は「入院しなくてもレーザー手術なら通いで治るよ。少し高いけれど。」と言う。
保険でなんとかなるのを確認してレーザー手術を予約した。

20日後、やっと手術。(混んでいるらしい。こういう所も) 
麻酔がなかなか効かず、ものすごく痛いし、おまけにオペはおじいちゃん先生ではなく、私と同年代の息子。
身の置きどころもないぐらい恥ずかしい。
痛いのをグッとこらえていると、看護師さんが
「我慢強いわねえ、女の人はやっぱり違うわねえ。男の人だとこうはいかないのよー」などと言う。
「数カ月前に出産したばかりですから。あの痛みに比べればー」と強がりを言ってしまったが…..。

その後、しばらく通院。
快くなったと言われたわけでもないけれど「次は○日に来て」と言われなくなったので行くのをやめた。

でも、手術から2ヶ月たった頃、なんだかお尻に違和感を感じ始めた。
もしや再発?と不安になって病院に行くと
「傷口がきれいに付かなかったところがあるね。」と針でチクチク。
再発じゃないのねーと安心して、また2ヶ月後、
今度は下着に血のような小さいシミが!
もしやもしや…..と病院に行くと、「治りきっていない所から出血するんだなあ」と少し切開。

数ヶ月で痔ろう再発

新たなトンネルが!

その後毎日行くつもりが、仕事が山のように押し寄せたりで、やっと10日ぶりに病院に行ってみたら、
「うーん、奥の方に新しくトンネルが出来ているよ」と、先生の苦し気な言葉。
!!な、なんと!!

というワケでまたもや切開。
お尻は粘膜で出来ているので、奥の方の傷が治り切らないうちに手前がふさがってしまう。
だから、よーく注意をしないと、奥の一大事に気付かないらしい。
今回は保険を使うまでもない1万円でやってくれたが、また痛みとの戦い。
しかも手術から半年での再発には、心底ガックリ。

治しても、治しても、この恐怖から逃れられないのではという不安…..。
何日かおきに通院して、また2ヶ月。
くっいてきた傷口を「手前のきれいさで見落とすんだ。この奥がちゃんとくっいているかが問題」と、おじいちゃん先生がまた少し切るのを何回か経験し、やっと「よくなった」と言ってもらえた。

でも入浴の時に恐る恐る触ると、しこりがある。
元のやわらかい状態に戻るまでは恐くて恐くてたまらない。
下着も慎重にチェック。
下痢便が原因で細菌が入り込むというので、下痢になるのが恐い。
便がゆるくなると、何をしていてもイライラして….

痔ろうの手術から数年

あれから何年も過ぎ、なんとか再発することなく無事に過ごせている。
あの時、痛みの中で名付けた娘も大きくなった。 

専門外なのに必死に膿を出してくれた産婦人科の院長先生、
何度も何度も念入りに状態を確認してくれたおじいちゃん先生。
あの二人がいなかったらどうなっていたことか。
良い医師に恵まれたと感謝するばかり!

お尻の病気は診てもらうのに勇気が必要。でも悪化してからでは大変!
異常に気づいたら、早めの診療を!
痔-webというサイトは痔の説明がわかりやすい。
痔のリスクチェックシートもあるので、活用してみるのもいいかも。
痔-web

成田の母。占いの結果はどうか
成田の母。占いの結果はどうか
とても良いことを言われたが30年後は?
ロフトベッドのデメリットは?
ロフトベッドのデメリットは?
うっかり買うと後悔する大物家具
妊婦なのに痔瘻(痔ろう)に?
妊婦なのに痔瘻(痔ろう)に?
膿み抜き、出産・手術、再発、完治まで
排気ガスと騒音の国道沿いの家
排気ガスと騒音の国道沿いの家
でも愛着持てたのは期間限定だから?
除湿シートの特徴や違いとは?
除湿シートの特徴や違いとは?
ベルオアシス、モイスファイン、シリカゲル?


うわわの独り言
その昔、電車の広告で見た異国の子の悲しげな顔が忘れられず「ワールド・ビジョン」のチャイルド・スポンサーになった。 1日缶コーヒー1杯程度の支援。たまに届く成長記録が楽しみだった。あの時支援していたちっちゃな子は、私の娘よりもお姉さん。どんな女性に成長したかなぁ。

▲ 昔、よく眺めていたノートと紹介カード

スポンサーリンク
病気
うわわのわ