雨が降って来たので、外に干していた洗濯物を慌てて取り込みました。
いつもの

「簡易干し」スタイル。


洋服ハンガーは出窓のカーテンレールに引っ掛け、
ピンチハンガーは収納庫に引っ掛けます。
雨を見越して洗濯物を少なくしていたから可能なこと。



でも洗濯物が多い場合は、
室内物干しの登場。

・・・と言っても我が家の場合は、普段ベランダで使っている物干し。
室内物干しなのに屋外使用にしちゃっている・・というシロモノ。
風で飛ばされないように、2方向から紐で引っ張っています。
(本当はこんなカンタンな方法はダメですよね!重しを付けないと・・)


洗濯物が大量の場合は、
ベランダに出していた物干しの足元を拭いて室内に持ち込みます。

でもこれ、物干し単体だとそんなに気にならないのですが、
洗濯物を干すとボリューム感がスゴイ!
重くなるので、邪魔だからちょっと移動したいという時に動かしにくい。
キャスター付きなら便利なのかなぁ。

みんなはどんな物を室内干しとして使っているんだろう?



ちょっと調べてみました。

まず参考にしたのはこのページ。
生活者目線で使いやすい商品が豊富のベルメゾン

icon icon
賢く選ぶ物干し《ベルメゾンネット》icon


はじめに見たのは「ベランダ用」。
あれ?これはウチと同じような形。ウチのも大きく広がります。
ステンレス製だから屋外でも使える、ということで、
この「ベランダ物干し」の括りに入ったのでしょうが・・・。
飛ばされちゃうよ?と思いつつ次々と見ていきます。

icon

色々と見ているうちに
「キャスター付きだと、ベランダに置いた時に飛ばされやすいかも?」
と心配になってきてしまいました。

ちなみに今日の楽天のデイリーランキング、
室内干しはこんな感じ。
いろいろありますね。

1位
『アイリスオーヤマ伸縮室内物干し KTM-2018』
ステンレス製。価格は税込 6,480円。
最大200cmまで伸びる。

2位

『アイリスオーヤマ 室内物干し CMB-92X』
これもステンレス製。キャスター付きではないので、
今の我が家のものと大差ないかも。
真ん中にバスタオル干しがあるけれど、ちょっと使いにくいかな。
価格は税込 3,180円 安い!!!
最大162cmまで伸びる。

3位
『アルミ伸縮物干し ビエント・イエナ ワイド(幅120~210cm)』
これはアルミ製。アルミだから軽いし、デザインもカッコイイ!
290cmまで伸びる。
税込 14,900円で高いけれど~
180cmまで伸びるタイプのものもあった。税込 12,900円

とりあえず、こんなところで。
まだ当分買い換えるつもりはないので、
何か見つけたらここに記録していこうと思います。

  icon